経費申請

キャッチコピーキャッチコピーキャッチコピーキャッチコピーキャッチコピーキャッチコピーキャッチコピー

活用イメージ一覧に戻る

目次

フリーエリア1のタイトルが入ります※変更可

フリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入りますフリーエリア内容が入ります

悩みはありませんか?※変更可

  • 悩みテキスト1悩みテキスト1悩みテキスト1悩みテキスト1悩みテキスト1悩みテキスト1
  • 悩みテキスト2悩みテキスト2悩みテキスト2悩みテキスト2悩みテキスト2悩みテキスト2悩みテキスト2悩みテキスト2
代替テキスト

この機能を利用すると※変更可

この機能を利用すると説明文が入りますこの機能を利用すると説明文が入りますこの機能を利用すると説明文が入りますこの機能を利用すると説明文が入りますこの機能を利用すると説明文が入りますこの機能を利用すると説明文が入りますこの機能を利用すると説明文が入ります

  • この機能を利用するとリスト1
  • この機能を利用するとリスト2
  • この機能を利用するとリスト3
代替テキスト

縦長の画像の時

縦長の画像の時は両端に薄いグレーの背景色が付きます

代替テキスト

横長の画像の時

横長の画像の時は上下に薄いグレーの背景色が付きます

代替テキスト

縦横比3:4の画像の時

縦横比3:4の画像の時は枠いっぱいに画像が表示されます。

画像がない時

画像がない時はNOIMAGEの画像が表示されます。

フリーエリア2のタイトルが入ります※変更可

フリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入りますフリーエリア2の内容が入ります

利用者の感想

利用者の感想のタイトルが入ります

利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります

利用者の感想のタイトルが入ります

利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります利用者の感想の内容が入ります

開発者紹介

consentFlow 製品責任者

ケートリック株式会社 代表取締役社長

田付 和慶(Kazunori Tatsuki)

consentFlow 名前の由来

consentFlowは日本語でコンセントフローと書きます。コンセントと聞くと壁など電源プラグの差し込み口を連想すると思いますが、consentFlowのコンセントは英語で「合意」を表す単語です。最近では「意見の総意」などの意味で使われる「コンセンサス」という言葉を耳にする機会が増えたようにも思いますが、consentはその派生(元?)の単語だと考えて頂けると分かりやすいかもしれません。つまり「合意」+「フロー」で「承認フロー」となるわけですが、日本人に馴染みのある「コンセント」のように他社のローコード製品などへプラグインとして簡単にシステム連携出来る製品を目指して命名しました。

製品への思い

ビジュアル開発ツールを提供しノーコード/ローコードでWEBアプリケーションが作れる時代になっても、実情はまだまだかゆいところに手が届かず、「クラウド製品なのでそういった開発は出来ません」とどこかに制限や制約が出てきてしまうことがほとんどです。また少しでも高度な開発を必要とする場合の開発コストがとても高くなってしまうことも起きています。「consentFlow」は「最強ワークフローエンジン+ローコード開発」環境を提供することで高度な開発を極力不要にしてスピーディーにアプリケーションを作成できるようになります。とは言えどうしても状況に応じて必要になる複雑なロジックのアプリケーションであっても開発出来る環境を提供したいとの思いから生まれました。

活用イメージに戻る